スキー・スノーボード・テレマークスキーのレッスンはSIA公認校で

SIA会長馬淵 雄一 SIA会長馬淵 雄一
SIA会長ごあいさつ

 当協会は1968年106名のスキー教師で「日本職業スキー教師連盟」として発足いたしました。その後「日本スキー教師連盟」を経て、認定団体から1981年文部省所管の「社団法人 日本職業スキー教師協会」となり、2012年11月30日に内閣府より「公益社団法人 日本プロスキー教師協会」として認定されました。
 SIAが公益社団法人になるまでには、歴代の会長、役員や監事の方々の努力がありました。また、2012年に薨去された寬仁親王殿下に於かれましては言い尽くせないほどのお力添えをいただきました。
 寬仁親王殿下の作られた「SIAの理念」に「SIAはスキーを初めとするあらゆるスノースポーツの技術指導を目的とした我が国唯一の専門家(プロフェッショナル)集団である」とあります。SIAは2016年3月に「日本プロスキー教師協会」と名称を変更いたしました。「プロ」つまり「プロフェッショナル」とは、専門知識と能力を持ち、深い教養と豊かな人間性を備え、自らその分

野で価値を生み出し実践できる人材を意味します。「プロ」として客観的に認められる為には関連する資格を取得していく必要もあります。資格をきちんと取得して維持した上で、スノースポーツの楽しさを生徒さん達が楽しみながら身につけられる指導力と人間性を持っていることが、とても大切です。杉山進最高顧問が仰っていた「技術は銀、人柄は金」まさに、この言葉です。総裁 彬子女王殿下の元、今後も会員ひとりひとりがプロのスキー教師としての自覚をし、努力していかなければなりません。
 我々SIAは、これまで積み重ねてきた経験と実績を活かし「安全なスノースポーツSIA」をモットーに「スノースポーツの楽しさ」を老若男女、健常障がい者を問わず、誰もが満足していただける指導を提供し日本全国の皆様、外国の方々にも愛され信頼されるSIAであり続けられるよう会員一丸となり邁進してまいります。