スキー・スノーボード・テレマークスキーのレッスンはSIA公認校で

公益社団法人 日本職業スキー教師協会 SIA International Ski Instructors Association ISIA 公益社団法人 日本職業スキー教師協会 SIA
SIA会長馬淵 雄一 SIA会長馬淵 雄一
SIA会長ごあいさつ

 「スキー」が初めて歴史上に登場したのは、紀元前2500年ころに遡ります。ノルウェーのレエティの岩にスキーのようなものを履いた狩人の姿が描かれているのです。雪の山野を移動する手段であったスキーは、いつしかスポーツや戦技の一つとして発展を遂げます。 日本にスキーが伝わったのは、1911(明治44)年1月12日。新潟県高田師団にオーストリアの武官として赴任したテオドール・フォン・レルヒ少佐が隊員にスキーを指導してくれたのが始まりです。これをきっかけに、軍人はもとより、一般大衆にもスキーは広がることとなり、元来雪と山に恵まれた日本の地で、スキー文化が花開くこととなりました。
 われわれ日本プロスキー教師協会は、指導を原点として始まった日本のスキーの歴史を重んじ、「指導」という側面から、多くの方たちにスキーの魅力をお伝えしていけたらと思っています。  

 前総裁であられた父、寛仁親王から、私は「より速く・より美しく・より安全に」「深雪でも、こぶ斜面でも、アイスバーンでも、どんな斜面でも同じ滑りができるスキーヤーにならなければならない」と教えられて育ちました。整地された斜面でいくら上手に滑れても、整地されていない山で同じように滑れなければ本当の「スキー」とは言えないと、山岳スキーにも毎年連れていかれました。
 これが私にとってのスキー指導の原点でありますが、すべてのスキー指導の原点でもあると感じております。指導者はどんな場面にあっても、動じずに誇り高く、すべての人たちの手本でなければなりません。日本のスキー指導者の代表として、アルペンスキーだけではなく、クロスカントリースキー(ラングラウフ)、スノーボード、テレマーク、山岳スキー、障害者スキーなど、スノースポーツ全体の指導と発展に努めてまいります。