スキー・スノーボード・テレマークスキーのレッスンはSIA公認校で

公益社団法人 日本職業スキー教師協会 SIA International Ski Instructors Association ISIA 公益社団法人 日本職業スキー教師協会 SIA
SIAの理念
1. 公益社団法人 日本プロスキー教師協会(以下SIAという)は、 スキーをはじめとするあらゆるスノースポーツの技術指導を目的とした、我が国唯一の専門家(プロフェショナル)集団である。
2. SIAは、スノースポーツの指導にあたり、「安全なスノースポーツをSIA」をモットーに掲げ、老若男女を問わず、健常障害者を問わず、すべての人々が生涯を通して、「安全にスノースポーツを楽しむ為」に技術並びに指導法を練磨し、用具の開発と装備の充実、そして環境保全を追求する事を目的とする。
3. SIAは、国内外に於て、スキーをはじめとするあらゆるスノースポーツの指導者たちとの連携を図ると共に、他のスポーツ諸団体との友好親善関係を構築し、我が国の正しく健やかな青少年育成の為に、奮励努力する事を目的とする。
SIAの心得
1. SIAに所属するすべての会員は、大自然の類い稀なる美しさと厳しさを良く認識し、 大自然と共に生きる事は人類共通の掛け替えの無い貴重な現実である事を理解し、 その重要性を広く後世に伝える為、啓蒙活動を積極的に行う。
2. SIAの会員は、前項の目的を達成する為に選び抜かれた精鋭である事を自覚すると共に、 スキーを始めとするあらゆるスノースポーツの技術指導が、すべての人々の人生を、より広く、 より深く、より楽しく、より豊にする為の「手段」として最良のものである事に留意する。
3. SIAの会員は、あらゆるスノースポーツの技術並びに指導法に優れていると同時に、 我が国の社会を構成する一国民として、歴史、政治、経済、教育、芸術等の、 あらゆる分野に通暁した有能なる日本人を目指して研鑚する。
4. SIAの会員は、スキー場を中心とする地域社会の人々と積極的に交流を深め、 地域社会との共存共栄の道を真摯に模索し、地域の活性化に貢献努力する。
SIAの沿革
※下記表組は左右にスワイプしてご覧ください。
1968年(昭和43年)日本職業スキー教師連盟(SIA)設立
1969年(昭和44年)第1回スキー教育会議(乗鞍)開催
1971年(昭和46年)第9回インタースキーに初参加(以後毎回参加)
国際職業スキー教師連盟に加盟
第1回会員検定会(苗場)実施
1972年(昭和47年)SIA公認スキー学校制度実施
1975年(昭和50年)第1回SIAフェスティバル(万座)開催(以後毎年開催)
日本スキー教師連盟と名称変更
1977年(昭和52年)教程「SIAオフィシャルスキーメソッド」出版
1978年(昭和53年)全国スキー安全対策協議会設立
1981年(昭和56年)日本スキー教師連盟を発展解散し、社団法人日本職業スキー教師協会設立
教程「SIAオフィシャルスキーメソッド」全面改訂
1984年(昭和59年)SIA支部制度施行
第1回支部会議
1987年(昭和62年)寛仁親王殿下、名誉総裁に御就任
商業スポーツ施設指導者養成事業団体(連絡)協議会発足
1988年(昭和63年)教程「SIAオフィシャルスキーメソッド」全面改訂
SIA設立20周年記念祝賀会開催
1989年(平成元年)寛仁親王殿下、総裁に御就任
1990年(平成2年)SIA「社会体育指導者の知識・技能審査事業」の事業認定団体として認可
1992年(平成4年)第22回国際スキー教師連盟総会・第7回世界スキー教師選手権を、SIA主管で同時開催(安比高原スキー場)
教程「SIAオフィシャルメソッド」全面改定
1998年(平成10年)SIA設立30周年記念式典・祝賀会開催
2001年(平成13年)「SIAの理念」制定
2002年(平成14年)「BOLDTRACKS(障害者スキー教本)」発刊
2003年(平成15年)「スキーの日」制定〈(財)全日本スキー連盟、日本鋼索交通協会と〉
第29回SIAフェスティバル’03(安比)オーストリー、アメリカより講師参加
SIAスキー教程「SIAオフィシャルメソッド/TheSkiBook」発刊
2007年(平成19年)「最新のオーストリアスキー教程」の日本語版発刊
2008年(平成20年)SIA設立40周年記念式典・祝賀会開催
2011年(平成23年)公益社団法人に認定(11.30)
公益社団法人日本職業スキー教師協会登記(12.1)
2012年(平成24年)総裁寬仁親王殿下薨去(6.6)
教程「SIA公式スキー&スノーボードメソッド」発刊
2014年(平成26年)彬子女王殿下、総裁に御就任