SIAメダル検定

SIAメダル検定

SIA Medal

アルペンスキーの頂点といえばワールドカップ。パワーと勇気、 集中力を全開にして最速を競います。結果はタイムで表示されます。SIAメダル検定は、このレーシングシーンでのタイムチャレンジです。あなたの対戦相手はSIAペースメーカー。ペースメーカーとは、SIAメダル検定の運営とペースメーカーポイントを取得したスキー教師です。女子、小学生、50歳以上の男子には5%、50歳以上の女子には10%のタイムハンデが設定されています。速さと正確さで自分の技術を試す「SIAメダル検定」に一度チャレンジしてみて下さい。 スタート台に立ったら、あなたもレーサー。

SIAメダル検定の各クラスとa判定基準
メダル/クラス 男子 女子・小学生・
50歳以上の男子
50歳以上の女子
金メダル SLTの105%以内 SLTの110%以内 SLTの115%以内
銀メダル SLTの115%以内 SLTの120%以内 SLTの125%以内
銅メダル SLTの140%以内 SLTの145%以内 SLTの150%以内
白メダル SLTの160%以内 SLTの165%以内 SLTの170%以内
青メダル SLTの180%以内 SLTの185%以内 SLTの190%以内
赤メダル 青メダルタイムを越えたもの
SIAメダル検定ゴールドメダリスト>>

SLT(SIAレベルタイム)は、SIAペースメーカーのタイムとペースメーカーポイントから算出されます。SIAペースメーカーとは、SIAメダル検定を行うためのポイントを認定されたスキー教師です。速さに応じたポイントを所有していますので、コースの難易度や長さに相応しいSLTが算出されます。こうして算出されたSLTによって、あなたの速さを評価することになります。

※ペースメーカーの試走によりSLTを決定
ペースメーカー(PM)は前走を含め一度以上、 必要な回数を検定中必要な時に試走して計時することが出来、その中で最良のタイムを採用します。
SLTの算出法:SLT=PMのタイム÷PMのポイント×100

※ペースメーカーの役割
ペースメーカーは検定斜面の設定とポールのセット、検定会の運営等を行います。必要に応じて、検定会に先立ち、検定の方法、ルール、 競技スキーの正しい知識などを検定生に理解させるための講習を行います。

斜面条件
コースの全長は300m以上、平均斜度は15~20度の斜面。旗門数とセットは最新のFISルール(GSL)を参考とします。
コース設定の条件
検定は、申し込み種類に対してのみ行います。各メダル検定実施に際しては、各種目ごとに前走を行うものとします。
  • ・スタート:スタート地点は、シャベル等で平らにし、スタート台とします。
  • ・ゴール:ゴールゲートの間隔は8m以上とします。地形は平坦または緩やかな斜度を設定し、 充分な広さを確保し安全を図ります。
  • ・コース整備:よく踏み固められたコースにします。新雪の降った後は、コース内だけでなく、 コース外側も充分圧雪し、滑降中コース外に飛び出しても安全であるように配慮します。
滑る回数
ペースメーカーは必要な回数の試走を行います。検定生の滑降は1本1採用を原則とします。但し、必要と認められる場合は、2本滑降し、タイムの良い方を採用します。
スタート順
抽選等によります

計時
最新のFISルール(GSL)を
参考とします。

検定料
2,300円

認定料
5,000円

この検定に関しての規程は、
SIAメダル検定規程」をご覧下さい。