SIA技術検定

SIA技術検定

検定に関するご案内

【検定申込】

受験者は、氏名、年齢、性別、住所、既得メダル及び希望メダル種類等を所定の申込書に記入の上、開催学校長宛にお申し込みください。
それぞれの技術検定開催スクールはTOPページの「ご希望の公認スクールを探す」から検索をしてください。

【検定料・認定料】

  • 検定料は、検定申込時に納めます。検定料には消費税が含まれます。
  • 認定料は、合格者の手続として納めることで認定が有効となります。
  • 認定料にはメダル代と消費税が含まれます。

【実施】

検定は、申し込み種類に対してのみ行います。
各メダル検定実施に際しては、各種目ごとに前走を行うものとします。

技術検定の詳細

国際スキー技術検定のメダル
【国際スキー技術検定】
国際スキー技術検定は、国際スキー教師連盟(ISIA)が定めた技術検定です。 その名の通り、国際的な基準であなたの技術が評価されます。
ランクは全部で7種類。スーパーゴールド、ゴールド、セミゴールド、シルバー、セミシルバー、ブロンズ、セミブロンズの7段階のメダルがあります。最も初歩的なセミブロンズ(プルークボーゲンで滑れる程度)から、最高ランクのスーパーゴールドまで、 それぞれに検定種目や斜面設定が決められており、幾つかの基準に基づいて検定が行われています。
種目・採点基準等の詳細はこちら


シニア国際スキー技術検定のメダル
【シニア国際スキー技術検定】
シニア国際スキー技術検定は、国際スキー教師連盟(ISIA)が認めた技術検定です。 その名の通り、国際的な基準であなたの技術が評価されます。
60歳以上のスキーヤーを対象とし、ランクは全部で3種類。ゴールド、セミゴールド、シルバーの3段階のメダルがあり、 積極性やスピードよりも、スムーズな流れや安定感や正確さ等の熟練度が検定の着眼点となります。
種目・採点基準等の詳細はこちら

SIAメダル検定のメダル
【SIAメダル検定】
アルペンスキーの頂点といえばワールドカップ。パワーと勇気、 集中力を全開にして最速を競います。結果はタイムで表示されます。SIAメダル検定は、このレーシングシーンでのタイムチャレンジです。あなたの対戦相手はSIAペースメーカー。 ペースメーカーとは、SIAメダル検定の運営とペースメーカーポイントを取得したスキー教師です。女子、小学生、50歳以上の男子には5%、50歳以上の女子には10%のタイムハンデが設定されています。速さと正確さで自分の技術を試す「SIAメダル検定」に一度チャレンジしてみて下さい。 スタート台に立ったら、あなたもレーサー。
種目・採点基準等の詳細はこちら

スノーボード技術検定のメダル
【スノーボード技術検定】
メダルは全部で6種類。もっとも初歩的なセミブロンズ(初歩的な連続ターン)から、最高ランクのゴールドまで、 それぞれに検定種目や斜面設定が決められており、セミブロンズでは転ばないバランスでのボードの操作等が着眼点となります。 ゴールドでは急斜面等、あらゆる種面に対応できるバランス、正しい技術表現、 ターン前半からエッジグリップと、ボードの操作までを着眼点とします。
種目・採点基準等の詳細はこちら

テレマーク技術検定のメダル
【テレマークスキー技術検定】
メダルはブロンズ、シルバー、ゴールドの3種類。
全ての検定で、安定したテレマークポジションと全体バランス、また同時に両脚が動きだすスムーズな脚の入れ替え等が着眼点となります。
シルバーでは、基礎的ではあるけど安定感のあるショートターンが、ゴールドでは、スピーディーでリズミカル、そして安定感のある滑りが求められます。
種目・採点基準等の詳細はこちら

ラングラウフ技術検定のメダル
【ラングラウフ技術検定】
ラングラウフスキーの走行距離によって、各種メダル認定を受けることが出来ます。
レッスン中の走行距離も加算されます。
※認定を受ける場合、認定料を納める必要があります。 認定料にはメダル代と消費税が含まれます。
※認定証をお持ちの方はご持参下さい。距離を加算致します。
種目・採点基準等の詳細はこちら